養老山長全寺は、宮崎県延岡市下三輪町にある歴史の古いお寺です。

源平の戦いに敗れた藤原景清公を寺内の井戸の横穴にかくまい、源氏の追手から逃れたとされ、そのお礼に、背負いし聖観世音菩薩像を安置していかれたと言い伝えられており、800年以上の歴史があります。

後に、ご本尊として、中山不動尊(中山身語正宗 なかやましんごしょうしゅう)をお迎えし、聖観世音菩薩と共にお祀りしております。

藤原景清公をかくまった井戸

 

 

<毎月の法要日程は下記の通りとなります>

  ●第一日曜日 10:30~11:30   百万遍(ご先祖供養)

  ●8日    11:00~11:40   宗祖覚恵上人御座

  ●18日   20:00~20:40   聖観世音菩薩御座

  ●24日   11:00~11:40   水子地蔵菩薩御座(水子供養)

  ●28日   11:00~11:40   中山不動尊御座

  ※どなたでも参拝可能です。お気軽にご参列下さい。