「ありがとう」 この言葉を聞くとあたたかい気持ちになります。
そして、伝える方も感謝、思いやり、尊敬を込めます。とても素晴らしい言葉です。
何気なく口にしている 「ありがとう」 ですが
漢字では 有難う→有ることが難しい と書きます。
どうして???と疑問に思い調べてみました。

実は、「ありがとう」の語源は、仏教に由来するといわれています。
お釈迦様が説かれた「盲亀浮木(もうきふぼく)のたとえ」に「ありがとう」の語源があるそうです。

それは、お釈迦様が、阿難というお弟子になされた、こんなたとえ話です。

 

お釈迦様 : 果てしなくひろがる大海原を思い浮かべるがよい。その底深くに、目の見えない一匹の亀(盲亀)がいる。

その亀は100年に一度、海面に顔を出す。一方、海面には一本の丸太棒が浮いている(浮木)。その浮木の真ん中に拳くらい

の大きさの穴が空いており波間をただよっている。阿難よ、この眼の見えない亀が浮かび上がったとき、浮木の穴に、

ひょいと頭を入れることがあるだろうか

阿難 :   さようなことはとても考えられません

お釈迦様 : 絶対にないと言いきれるか

阿難 :   確かにないとはいいきれませんが、無いと言ってもよいくらい難しいことです

お釈迦様 : ところが阿難よ、人間に生を受けることは、この亀が、浮木の穴に首を入れることが有るよりも、難しいことなのだ。

有り難いことなのだよ

 

「有り難い」とは「有ることが難しい」ということで、めったにないことをいいます。
人間に生まれることは、それほど喜ばねばならないことだと、お釈迦様は教えさとされているのです。

これが ありがとう の語源だそうです。

 

私たちは、自分の考えや思いを優先し、自身の価値観をものさしにしてしまいがちです。

そうなると、相手の欠点ばかりが見えてせっかくのご縁も台無しです。更には、自分の思うようにならない人生を恨み、

なぜ生まれてきたのだろうと嘆きます。

せっかく人間として生まれてきたのに・・・・

皆様は、どう考えますか?

私は、仏様とご縁を結んで戴いたことに感謝し、親に感謝、ご先祖様に感謝する人生でありたいと気付かされました。

人と人とのご縁を大切にしたいと考えます。「ありがとうございます」なむあみだぶつ 合掌